[WinSCP] 転送時に日本語ファイル名が文字化けするのを防止する方法

WinSCPを使って自分のPC(Windows環境)からLinuxに日本語名のファイルを送ると文字化けしちゃったり、はたまた、WinSCPでLinux上の日本語ファイルを見ると文字化けしてたりしますよね。。
というわけで、その解決方法を探りました。

初期設定だと文字化けする

WinSCPの初期設定のままだと、Windows上の日本語ファイルは、Linuxに送った時に文字化けします。全てのLinuxではないのかもしれないけど、とりあえずRHELではそうでした。。
原因はファイル名に利用している文字コードが異なっているためみたいです。まぁ文字化けなんだから文字コードの違いってのは当たり前でしょうか…

設定の変更

設定の変更はかなり簡単ですw
WinSCPを起動したら、左側の「環境」を選択して、「サーバ環境」の「ファイル名をUTF-8でエンコード」という部分を「オン」に変えます。(デフォルトは「自動」)

winscp

これで、いつも通りサーバにつなげば、文字化けしないです!
WinSCP作った人はやっぱり偉大です。。

おしまい

うっかり設定を変えずに転送しちゃったら、Linux側でもとに戻す方法もあります!

[RHEL6] Redhatでwindowsから送ったファイルのファイル名が文字化けする件

2013-11-19 | PC小技

  • ■ システムの科学
    システム創成学科のシミュレーションコース的にはバイブル的存在であったと認識しております(笑)社会システムや人工物をどのように設計していくかについて俯瞰的に書かれているので、自分の思考のフレームができます。
PAGE TOP ↑