[sakura] サクラエディタを使ってファイル同士の差分を見つける方法 『DIFF差分表示』

Linuxだったらdiffでファイル間の差分を確認しますが、Windowsではどうやって差分を確認するの?ということで、大好きなサクラエディタを使って、ファイルの差分を発見する方法について探しました!

「diff.exe」のインストールまで

まずは、「patch-diff-w32.zip」をダウンロードしてきます。
以下のページの一番下にある「W32 utilities」というリンクをクリックすると、ディレクトリが表示されるので、そこから「patch-diff-w32.zip」をダウンロードして下さい。

W32TeX TeX Live 2013 Kpathsearch 6.2.0/dev

ダウンロードが終わったら、解凍して、解凍したもののうち「diff.exe」だけを「sakura.exe」と同じフォルダに入れます。

patch-diff-w32_2

これでインストールはおしまいです。インストールって呼べるのかすらわからないくらい簡単ですね(笑)

タイプ別設定のカラーの変更

上の手順で既にDIFF差分表示は利用可能になっているんですが、これだけだと使用した際に、差分になっている行がわかりにくいので、カラーの設定をします。

サクラエディタの上部メニューで「設定」>「タイプ別設定」を選択します。

patch-diff-w32_3

「カラー」タブを選択して、「色指定」の下の方を見ます。

patch-diff-w32_4

そうすると、「DIFF差分表示(追加)」「DIFF差分表示(変更)」「DIFF差分表示(削除)」の3つが見つかります。

patch-diff-w32_5

ここの背景色を変えて、先頭にチェックを付けてあげればOKです。あとは設定を「OK」で閉じるだけ!!

patch-diff-w32_6

DIFF差分表示

これで設定が全部終わったので、実際に差分検索をやってみます。
サクラエディタの上部メニューで「検索」>「DIFF差分表示」を選択します。

patch-diff-w32_7

あとは検索条件を指定して、「OK」を押せば、差分を見つけて、差分の行を色を変えて表示してくれます!

補足

差分があった行の行番号の色が変わると同時に、行番号の左側に「+」「!」などの文字が表示されます。これらの意味は以下の通りみたいです。

・「+」 追加 その行が編集中ファイルに存在しますが、相手ファイルには存在しません。
・「!」 変更 その行が編集中ファイルと相手ファイルで異なります。その行の前後が含まれる場合もあります。
・「↑」 削除 その行と前の行の間に相手ファイルには存在しますが、編集中ファイルに存在しない行があります。
・「↓」 削除 その行の次に相手ファイルには存在しますが、編集中ファイルに存在しない行があります。EOF以降となります。

参考URL

(sakura公式HP)DIFF差分表示

  • ■ システムの科学
    システム創成学科のシミュレーションコース的にはバイブル的存在であったと認識しております(笑)社会システムや人工物をどのように設計していくかについて俯瞰的に書かれているので、自分の思考のフレームができます。
PAGE TOP ↑