JDKをインストールする際の手順【Tipsもあるよ!】

毎回戸惑うんで自分のためのメモとしてまとめておきます(笑)OS準備したら90%くらいの確率でインストールする必要があるような気がするJDKに関してです!
インストールからJAVA_HOMEの設定まで簡潔にまとめておいて、次回から時間短縮だ!!

JDKの取得

OracleのページからJDKをダウンロードしてきます。
rpmがインストール楽だからいいと思う。tar.gzとかは避けます。

ファイル名はjdk-7u21-linux-x64.rpmみたいな感じです。
(上記はLinuxの64bit向けJDKでバージョンはjdk1.0.7_21になります。)

JDKインストール

rpmのファイルが存在するディレクトリに移動して、インストールののコマンドを打ってくださいな。

JAVA_HOMEとPathの設定

普通は設定するので設定しておくと吉だと思う。毎回どこに書けばいいのか悩みます(笑)

以上でおしまいです。お疲れ様でした!!
あ、以下Tips的な話を付け加えておきます。役に立ちますようにε-(/・ω・)/ トォーッ!!

その他周辺のもろもろTips

古いバージョンのJDKを入れたいとき

古いバージョンをrpmで入れようとすると、エラーが出て止まっちゃいます。
でも、古いのが入れたいんだよ!!ヴォケ!!ということもあると思うのですが、その時には以下のように–oldpackageをつければOKになります。

環境設定を確認したいとき

きちんとJAVA_HOMEとかPathが設定されてるかを確認したいときは、以下のように、sourceで再読み込みをしてからechoで確認であります。面倒くさいときはコンソールを一度閉じるのもありです。(そっちの方が面倒くさい可能性大!笑)

前の記事 :
次の記事 :

  • ■ システムの科学
    システム創成学科のシミュレーションコース的にはバイブル的存在であったと認識しております(笑)社会システムや人工物をどのように設計していくかについて俯瞰的に書かれているので、自分の思考のフレームができます。
PAGE TOP ↑